日曜大学(知的障害者と市民が交流する会)
日曜大学(知的障害者と市民が交流する会)
日曜大学は知的障がいの人達の生活が豊かなものになってほしいと昭和54年につくられました。当時、知的障がいの人達は色々な経験をする機会もありませんでした。ここで趣味を持ち人間関係を広げています。
様々な福祉サービスが利用できる今日でも、数十年通い続けている方もいらっしゃいます。毎年、卒業生が入ってきます。それは、この場所に仲間がいるからだと思います。
一市民として当たり前の暮らし、それが願いです。楽しめるモノと仲間、それを見守る人々、それが日曜大学です。
是非、市民の方々に参加をしてもらい、障害のある人たちも地域で当たり前に暮らしていることを理解していただきたい。