市川の空気を調べる会
市川の空気を調べる会
市川市は喘息児が多いことから、1992年に教員有志が市民と共に、原因物質の一つとされる車排ガスの二酸化窒素(NO2)濃度の測定を、簡易測定カプセルを用いて始め、以後毎年6月と12月の各1日間、市民約100人が自宅周辺などにカプセルを取付けて、ほぼ市全域を測っています。カプセル作りや測定後の分析、計算、まとめを全て市民が行い、自宅周辺や市全域の汚染状況が分かり、大気汚染への関心と汚染低減への意識が培われます。行政測定局へのカプセル取付け試験で得られる両者の相関性は高く、カプセル測定によるNO2大気中濃度は高い信頼性があります。市川市の面的汚染状況がわかる私たちの測定結果は、市の担当部署からも評価を受けています。