風の会
風の会
市川は古くから文学的な土壌が形成され、多くの文学者も市川に定住し作品を発表してきた。また、古くから歴史的、文学的な資産に魅せられて文学愛好者が来訪するなど、市川の文学は市川のブランドの一つでもある。こうした「文学のまち」市川を全国に発信し、市民にも市川文学を理解いただき、平成22年に開館が予定される(仮称)市川市文学館がより市民に親しまれるものとするために市民に向けたアピールを行うもので、市内各所に短歌俳句ポストを設置し広く作品を募ると共に、「いちかわ文芸シンポジウム」(仮称)を開催するものである。