宮久保三味クラブ
宮久保三味クラブ
年6〜7回老人ホーム、ディサービスに訪問し、三味線による民謡演奏を行っています。小学生を含む十数名の会員とサポーターで、時には踊りも交え、高齢者の方々と共に民謡を歌い、喜んでいただいております。
通常、第二、第四土曜に東部公民館で稽古をし、うち一回は講師の指導を受け、慰問の際の演奏技術の向上に努めています。又、地域振興のための催し物などにも参加し、ボランティア精神を持った子供達の育成も目指しています。
施設訪問の際、一緒に歌って下さった高齢者の方々の、歌う前とは別人のような笑顔が、会員の喜びとなっています。