わんぱくの森の会
わんぱくの森の会
わんぱくの森の会

里山は、人々の暮らしになくてはならないものでした。ガス、電気、化学肥料等の登場で利用されなくなり、放置され、木々は密かに茂り、蔓がからみ、ネザサや竹が侵入し、常緑樹が生長し、暗くうっそうとした森へと変化しています。また、開発で里山は無くなってきています。

この森も“里山”でした。先祖から受け継いだ森を未来に残したいと思っている山林所有者の会「市川みどり会」の宇佐美さん、武藤さんの森です。

身近な里山に関心のある市民が活動を始めました。「合意すれど強制せず」をモットーに具体的なことは、みんなで相談し、決めています。地元の環境を守り、身近な里山を気持ちのよい森にすることに興味のある方、いつでも歓迎します。

「わんぱくの森」に興味のある方は、下記まで連絡をください。
080-6589-4885

関連リンク(市川みどり会)
http://www.midori-kai.net/index.html