古寄麗会
古寄麗会
古寄麗会(こぎれかい)

「ちりめん細工」は、江戸時代から関西・近江方面の上流階級が用いていたちりめんの着物の残り布や古くなった布で玩具や小物をつくる手芸のことです。季節の花々や小鳥の形をした袋や生活用具を針一本でそれは美しく可愛く縫い上げます。震災や戦災があり女性も洋装化したために、すっかりすたれてしまった手芸を今また復活させたいと楽しい集いにしています。毎月1回の講座(朝10時から出来上がるまで)なのが、かえって長続きしています。