市川三番瀬クリーンアップ大作戦実行委員会
ゴミ拾い写真2006広報用
埋める埋めないの論争の中、30年以上揺れ動いた三番瀬。その間、無関心となってしまった市川市三番瀬近郊は、こころもとない人々の影響で最終処分場のようにゴミだらけになってしまいました。
 1999年から始まった当事業は、産・官・民の協働で不法投棄や放置自動車、さらには不法ボート係留の排除に至り、その活動の和は三番瀬近郊の環境美化と保全に貢献してまいりました。いままでに市民の手で拾ったゴミの総量は約150tにも及びます。
日頃のひとりひとりの環境への配慮が、いかに地球規模での保全に役立つか!・・そんなことを軽汗の中で実感できるイベントのひとつです。
『たかがゴミ拾い。されどゴミ拾い』・・我々の合言葉です。

市川三番瀬クリーンアップ大作戦URL

http://www.bayline.or.jp/sanbanze/